ヴィーダの乳酸菌の種類は何?加熱処理で○○されやすい乳酸菌を配合してました!

ヴィーダの乳酸菌の種類は何?加熱処理で○○されやすい乳酸菌を配合してました! ダイエット

ヴィーダには「ナノ型乳酸菌」が使われており、
これはエンテロコッカス・フェカリスという乳酸菌を
加熱して小さく分解させたものです。

加熱殺菌することで整腸作用など
効果が落ちるのは事実ですが、
完全に効果が無くなるわけではなく
小さく分解したことで、
より腸へ吸収されやすくするのが狙い。

今、多くの乳酸菌商品で
ナノ型乳酸菌を使うものが増えているんですよ。

ヴィーダの詳細は
公式サイトをご確認ください。
↓↓↓
VI-DA

ヴィーダの乳酸菌の種類を詳しく解説!

ヴィーダに含まれる乳酸菌は
「ナノ型乳酸菌」というもので、
近年注目度を上げている菌です。

それでは、どういった特徴があるのか
詳しく解説していきます。

ナノ型乳酸菌エンテロコッカス・フェカリス

菌活サポート
ナノ型乳酸菌はその名前で
お分かりかと思いますが、
非常にサイズが「小さい」乳酸菌なんです。

使われるのはエンテロコッカス・フェカリスという
少し難しい名前ですが、
人の腸内にもいる、ありふれた乳酸菌です。

ただ少なくなると悪玉菌が優勢になって
体に悪い影響が出やすくなるので、
食品やサプリなどから
善玉菌を入れて増やしてあげることは大切。

エンテロコッカス・フェカリスを加熱すると
小さく分解され、
腸の奥まで届けて吸収されやすい状態になります。

通常加熱すると
「生きた乳酸菌」としての効果は減ってしまいますが、

小さくなって吸収のされやすさは
上がっているので
その分の効果は期待されているんです。

最近では美容サプリや乳製ドリンクにも
使われることが多くなっている、
ナノ型乳酸菌なのです。

(実際にはナノ型乳酸菌の中でも
細かく種類は分かれます)

ヴィーダにもメインとして使われ、
美容やダイエットに役立てることが
狙いとなっています。

フレーバー(風味)による乳酸菌の違い

ヴィーダにはフレーバーが3種類あります。

  • ほんのりピーチ風味
  • レモンヨーグルト風味
  • 黒糖ほうじ茶風味

特にレモンヨーグルト風味
ヨーグルトの名前が入っている通り
特に乳酸菌にこだわっているフレーバー。
レモンヨーグルト風味

ナノ型乳酸菌以外にも、
17種類の乳酸菌や
5種類のビフィズス菌が使われています。

ヴィーダの公式ホームページでは
それぞれ個別の乳酸菌の名称までは
紹介されていなかったのですが、

ヨーグルトで使われる乳酸菌の
代表的な作用として
「整腸作用」があります。

つまり整腸作用を活かした効果、
レモンというさわやかなフルーツのフレーバー。
これらが大きな特徴となっています。

乳酸菌プラス食物繊維が配合のスムージー

ハイブリッド型青汁・VI-DA(ヴィーダ)
VI-DA(ヴィーダ)は「ハイブリッド青汁」
と銘打った商品です。

このハイブリット青汁とは、
緑色の野菜を中心としたドリンク(青汁)でありながら

スーパーフードなどの素材や
甘いフレーバーも使っており、
飲みやすい「スムージー」でもあるからです。

乳酸菌の効果を高めるための食物繊維も
多く配合されています。

ヴィーダの食物繊維の働き

公式ホームページで説明されているように
ヴィーダには
「食物繊維4.5g」が含まれています。

食物繊維は腸の動きをよくすることが
広く知られていますが、
善玉菌をサポートするなどの効果も持っているんです。

善玉菌というのは腸の中で
体にとっていい働きをする菌ですが、
ヴィーダのナノ型乳酸菌もこれにあたります。

もともと人間の体の中にもいる善玉菌を利用しているので、
この乳酸菌は人間にとって役立つもの。

ナノ型乳酸菌をはじめとして100億個の乳酸菌が
入っていますが、

これに対して食物繊維4.5gって、
少なく見えるかもしれません。

しかしこの量は野菜の種類内容にもよりますが
サラダ1ボウル分に相当するので、

ヴィーダ1杯分でこの量・・というのは
そんなに少なくなく思えますよね。

野菜そんなに好きじゃないから、
国が推奨する量とか、そんなに毎日食べられないよ~!
という方にはすごく便利で手軽ですよね^^

ヴィーダの栄養成分バランス

野菜と一口にいっても種類はたくさんあります。

できるだけバランスよく食べるのが理想ですが
野菜って高いし、
いっぱい買って食べるのも面倒ですよね。

ヴィーダの言う「黄金バランス」。
これは14種類の野菜・
18種類のスーパーフードです。

スーパーフードというのは
「キヌアやモリンガ」といった
栄養素の種類が多く含まれる素材。

たとえばキヌアは南米でよく食べられている雑穀で、
(「雑穀」・・日本だとアワ、キビなどの
穀物がよく知られています)

世界的にスーパーフードとして注目されています。

低糖質で血糖値が上がりにくく
お米やサラダにも合わせやすい!として
ダイエットで実践する方も増えているんです。

そんなキヌアのようなスーパーフードを配合しており
水に入れて飲むことができますし、

豆乳・牛乳と混ぜればさらに栄養素もプラスされて
バランスもよくなりますね。
VI-DA(ヴィーダ)に含まれる栄養素量

↑この画像のように1日に必要な栄養素の
かなりの部分を
カバーできるように書かれていますが、

実際は豆乳・牛乳や、何かに入れたり
アレンジするので

ここに書かれている以上に
1食でバランスが取れるというのも強みです。

ヴィーダと普通の青汁との違いは乳酸菌?

日本で手に入る青汁ってメーカーが本当にたくさんあって
どれも(当然のことですが)
体にいいですよ!と宣伝しています。

どれを選べばいいの・・?と思ってしまいますが、
VI-DA(ヴィーダ)もその中の青汁の1つではあります。

実際にはスムージーでもあるのですが、
ヴィーダの最大の違いっていうのは
今回紹介している乳酸菌なのでしょうか?

実は他にも特徴はさまざまあって
代表的なものは以下のものです。↓

  • 乳酸菌を多く配合
  • 甘いフレーバー
  • グルコマンナンなどで満腹感向上
  • 美容サポート成分

それぞれ詳しく説明していきます。

乳酸菌を多く配合

ヴィーダには多くの乳酸菌が配合されています。
具体的には(結構ざっくりですが^^;)

約100億個含まれており、
先述したようにナノ型乳酸菌を
メインに配合されています。

ダイエットの世界では「菌活」という言葉が
よく使われるようになりました。

胃や腸の中には菌がたくさん暮らしており、
同時に善玉菌と悪玉菌が日々
「戦い」を繰り広げている状況です。

もちろん「善」なのですから
善玉菌の数が多いほど
体内環境が「善い」ということになりますよね。

体にとっていい影響のある乳酸菌を
食べ物(つまりヴィーダなど)から得ることによって、

善玉菌が力を発揮できるようにしていくのが、
まさに理想の菌活となっていくわけです。

甘いフレーバー

一般的な青汁の特徴。
それって「体にいい」でも「苦い」
こういったところではないでしょうか?
(私もそんなイメージ持ってます。笑)

ヴィーダの場合はフレーバーが
3種類用意されていて、それが以下のものです。

  • ほんのりピーチ風味
  • レモンヨーグルト風味
  • 黒糖ほうじ茶風味

最初は少しピーチ味のする、
緑色の見た目のスムージー1種類のみでした。

そのあと「レモンヨーグルト風味」
「黒糖ほうじ茶風味」がラインナップされたんですよ。

グルコマンナンなどで満腹感向上

ヴィーダは低カロリーで1杯分の量も、
そんなに多くないように見えます。

しかしお腹で膨れやすいという特徴があって、
それはグルコマンナンとチアシードの性質によるもの。

これらは水分を吸収して
胃の中で体積が大きくなるため、
そのぶん腹持ちがよくなることが期待されています。

美容サポート成分

美容のために青汁を飲む方は多いと思いますが
特にヴィーダは「美しく痩せたい」女性に支持を集めており、
これは美容サポート成分にこだわっているから。
コラーゲン、ヒアルロン酸、
コエンザイムQ10、プラセンタ

肌にいいとされる成分が多く含まれていますね!
胃も腸もお肌も、
健やかな生活にとって大切です^^

まとめ

VI-DA(ヴィーダ)は乳酸菌にこだわった
スムージー(青汁)だということがわかりました。

食物繊維やスーパーフードも
身体づくりに役立ちますね!

なお、ヴィーダは「定期コース」が
人気を集めています。

初回限定の選べる定期コースは
1袋1,100円(税込)で
2袋1,980円(税込)。

2回目以降は
1袋あたり2,200円(税込)となっています。

詳細はヴィーダ公式サイトで
ご確認ください。
↓↓↓
VI-DA

タイトルとURLをコピーしました