ペプチドカーヴィーはプロテインと併用できる?適切な飲み方をわかりやすく紹介

ペプチドカーヴィーのアイキャッチ画像 ダイエット

ペプチドカーヴィーは薬ではなく、健康「食品」なので
お手持ちのプロテインと併用することができます。

食品同士なので効果が過度に強まったり
薄まったりなどの心配はありません。

ただ同じ成分が重なってしまうと、
摂り過ぎにつながる恐れがあるので
飲む量を調節しながら続けていくといいでしょう。

痩せ体質づくりをサポートする、新しいペプチド健康食品。

割引価格のペプチドカーヴィーはこちら!
↓↓↓
【PEPTIDE CURVY(ペプチドカーヴィー)】

ペプチドカーヴィーの飲み方やタイミング

ここではPEPTIDE CURVY(ペプチドカーヴィー)の正しい飲み方や
おすすめのタイミングを、詳しく紹介していきます。

服用中の薬と飲み合わせは大丈夫なの?

ペプチドカーヴィーは服用中の薬と
飲み合わせても大丈夫なのでしょうか?

まず、何らかのお薬を服用中の方は
お医者さんか薬剤師さんに、相談することをおすすめします。

市販のお薬の場合は、購入されたお店の薬剤師さんに聞くか
いなければ説明書をよく読むことが大切です。

基本的に飲み合わせの悪い成分として
説明書にも特記されていなければ大丈夫です。

どんな時に飲む?飲んではいけないタイミングは?

1包につき100mLの水・炭酸水・豆乳などに溶かして
飲むのをおすすめします。
目安としては1日に1~3包ほど飲むといいでしょう。

ペプチドカーヴィーの飲むタイミングは
厳密には決まっていません。
なので、お好きな時間帯に飲むことが可能です。

筋トレの前に飲むことで栄養を補給できます。

筋トレによって分解された筋肉や脳のたんぱく質を、
直後にサプリ・ドリンクを飲むことで補給することもできます。

ペプチドカーヴィーは
素早い栄養補給が強みなのでうってつけですね。

ビープロテインは第3のプロテインで世界のセレブ愛用

スラッとしたボディラインには、美しく筋肉をつける必要があります。

人の体は筋肉や皮膚、骨や血液ですら
多くのたんぱく質で構成されており、
しなやかで美しい体づくりには、たんぱく質が必須だとおわかりになるでしょう。

えんどう豆が原料で、美容効果に期待されている「ビープロテイン」は
乳由来のプロテイン、大豆由来のプロテインに続いて
第3のプロテインとして注目されています。

近年では世界的なプロトレーナーやセレブの中でも評判で、
えんどう豆に注目している人がたくさんいます。

ペプチドカーヴィー購入なら公式サイト

PEPTIDE CURVY(ペプチドカーヴィー)は
えんどう豆由来のビーペプチドを含むサプリ。

マンゴーとココナッツのさわやかで甘い風味で
飲みやすい!との口コミも多いです。

この商品は
PEPTIDE CURVY公式サイトでしか販売していません。

効果を実感するにはある程度のスパン
飲み続けることをおすすめします。

カンタン痩せ筋コースは最低でも4回購入が決まりです。
つまり4カ月継続購入ですが
効果を感じるにはこれぐらいの期間が必要、という目安になっています。

単品購入も可能ですが定期購入のほうが
毎回割引されますし、飲み続けることで効果を実感しやすいでしょう。

ペプチドカーヴィー・カンタン痩せ筋コースはこちらです。
↓↓↓
【PEPTIDE CURVY(ペプチドカーヴィー)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました