メラノーセの正しい使い方は?簡単に美白効果を引き出す塗り方を紹介!

メラノーセ-アイキャッチ 美容

薬用メラノーセの効果的な正しい使い方は、
入浴後か洗顔後に、首元までしっかりと
塗り込むことです。

1度塗りでも十分なのですが、
重ね塗りすることで美白効果が
さらにアップします。

同時に、手先や腕に塗ってもOK。

素早く浸透してくれるので、
シミやくすみ除去に
高い効果が期待できます。

薬用メラノーセの公式サイトはこちらです。
↓↓↓
薬用メラノーセ

具体的な正しい使い方を紹介します

メラノーセは美白効果の高い、アルブチン配合の美白クリームのため
普通に使っても効果は期待できますが、
さらに効果を上げやすいタイミングがあります。

最も効果を上げやすいのが入浴後で、
これは顔の汚れ・脂分がしっかり落ちて
1日の中でも、特に清潔な状態になっているからです。

単純な洗顔後でも十分ですが、
首元や腕にいたるまで、広い範囲でメラノーセの効果を実感したい方は
バスタイムの後がベストでしょう。

また、単純にクリームの量を増やすことで、
効果をより早く実感できます。

公式サイトでも
重ね塗りでたっぷり使うと効果を実感しやすい、
といった説明がされています。

現在、初回申し込みの方なら
ずっと限定価格1,000円で購入可能なので、
メラノーセをたっぷり使って効果を早く得たい方におすすめです。

美白化粧品としての効能は?気になる成分を紹介

メラノーセは特にシミ除去に効果を発揮する
美白クリームですが、
そもそもシミには、さまざまな原因があります。

さまざまなシミの種類に効果

代表的なシミの種類には、以下の3つがあります。

・加齢性色素斑
・雀卵斑
・花弁性色素斑

シミは紫外線によって
顔表面にある「メラノサイト」という色素細胞に、
(黒)色素が沈着することが主な原因となっています。

加齢性色素斑は「加齢」と名前が付いていますが、
長年紫外線を浴びたことが主な原因のため
20代の方でも、紫外線をたくさん浴びると起こるシミです。

雀卵斑はメラノサイトが部分的に活性火したシミで、
目立ちやすいのが特徴です。

花弁性色素斑は紫外線を浴び、
数ヶ月ほど経過して
じわじわ目立ってくるシミです。

メラノーセの持つ美白成分

メラノーセの代表的な成分・アルブチンは
黒色素の分解効果を持っています。

肌への吸収性が、
一般的に使われる美白成分・L-アスコルビン酸より高く、
効果が持続しやすいのが特徴。

お肌に合う弱酸性に調整されているため、
肌荒れが心配な方にも
口コミで人気を集めています。

まとめ

メラノーセはその美白効果で、
シミに悩む方に人気を集めている
シミ対策クリームです。

ただいま公式サイトでは
限定価格で、税抜
1,000円となっています。

期間中に購入の方なら
次回購入からもずっと1,000円。

初回はもう1本のメラノーセと、
美容ゼリー「リフトア」5日分が
もらえますよ。

解約はいつでも自由で、
返金対応(最初の30日間)しており
何ともお得感がありますね。

薬用メラノーセの公式サイトはこちらです。
↓↓↓
薬用メラノーセ

コメント

タイトルとURLをコピーしました