神戸養蜂場はちみつジンジャーシロップのレシピでおすすめは?3つの自然素材を活かす食べ方を紹介

神戸養蜂所はちみつジンジャーシロップのアイキャッチ画像 フード

はちみつジンジャーシロップのレシピなら、豚のしょうが焼きがおすすめです。

神戸養蜂場の公式サイトでも紹介されている
人気レシピとなっています。

材料は玉ねぎと豚肉。
タレに使うのはお酒・醤油・ニンニク
そしてはちみつジンジャーシロップです。

  1. タレを作って豚肉を15分ほど漬ける
  2. 豚肉と玉ねぎを焼く
  3. 残ったタレを加えて、少し煮詰める

これで完成です。
はちみつが豚肉を柔らかくしてくれますし、
ショウガが最初から入っているので簡単です。

料理にも使えるおいしいはちみつシロップ。

はちみつジンジャーシロップの公式サイトはこちらです。
↓↓↓
神戸養蜂場【はちみつジンジャーシロップ】

神戸養蜂場のはちみつのこだわり

はちみつジンジャーシロップは
はちみつ・生姜・レモンの3つの原材料のみを使っています。

砂糖も加えていないので
そのぶん丁寧な加工を心掛けて
栄養面以外にも味の面も向上を目指しています。

神戸養蜂場は、はちみつ専門店ということで
特にこだわっているのがこのはちみつ。

はちみつは花蜜からできていますが
蜂の巣でさらに熟成されることで、糖度を高めていきます。

世間では生産効率を高めるために
完熟を待たずしてすぐに出荷するメーカーが多くあります。

人工的に水分を抜いて
凝縮させることで完熟状態を作り上げるメーカーもあります。

しかし神戸養蜂場ではじっくりと完熟を待つことで
自然でとても甘いはちみつを作っているんです。

自然なはちみつを作るということで
厳重な検査も実施しているのが、神戸養蜂場の特徴です。

「栄養成分調査」でははちみつの水分量を細かく調査して
十分な甘さがあることを証明。

「残留農薬分析調査」では法律基準に則って、
残留農薬をしっかり調査。
なお、養蜂場の半径2km内に農薬を使う畑はありません。

はちみつジンジャーシロップは1歳になってから

はちみつ特有の菌としてボツリヌス菌がありますが
市販のはちみつに含まれる程度の量だと、
人間の腸内で消化されるので問題ありません。

しかし1歳未満の赤ちゃんには
ボツリヌス菌を消化する力はないので、
与えないようにしてくださいね。

しかし1歳になったあとは
栄養豊富・自然な甘みのはちみつは
健やかな成長におすすめの食材に変わります。

はちみつジンジャーシロップを
ヨーグルトやパンなどにも少しずつ使って、
お子さんに与えていくのがおすすめです。

はちみつジンジャーシロップは公式サイトの人気商品

神戸養蜂場「はちみつジンジャーシロップ」は
生姜配合で「温活」効果を強みにした商品で、
冷え性の方などにも注目されています。

料理にも手軽に使えるので
この記事で紹介したレシピも参考にしてくださいね。

価格は
1本1,500円(税込)。

3本セットだと
4,500円
↓↓↓
3,500円で1,000円OFFになります。

生姜本来の味が楽しめる、人気のはちみつシロップ。

はちみつジンジャーシロップの公式サイトはこちらです。
↓↓↓
神戸養蜂場【はちみつジンジャーシロップ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました