ドクターコーヒーは妊娠中に飲んでいいの?気になる赤ちゃんへの影響をまとめました。

ドクターコーヒーのアイキャッチ画像 ドリンク

現在授乳中の方は、ドクターコーヒーは
「1日2杯まで」を守ってください。

それは国の機関の文献でも、
授乳中は1日にカフェイン200mg(およそ2杯分)まで
と書かれているからです。

ただし人によって体質は全然違うわけですから、
かかりつけ医にこまめに
体調を見てもらいながら飲まれるのがベストですよ!

詳しい情報は商品ページで確認してください。
↓↓↓

ドクターコーヒーは妊娠中に飲めるの?詳しく解説します

ドクターコーヒーは飲む量を守っていれば
妊娠中でも飲むことができます。

ドクターコーヒーはコーヒーですから
カフェインを含んでいます。

カフェインは妊娠中や授乳中の方だと
お子さんの影響について気になる!
という方が多いと思います。

確かにカフェインには
お子さんに影響を与える可能性が知られています。

しかし全くコーヒーを飲んではいけないか?
というとそうでもありません。

カフェインは麦茶でも緑茶でも
食べ物にも含まれる、よくある成分なんですね。

先述したように、
国が世界の国々の専門機関の
カフェインについての調査資料をまとめています。

(※)文献:内閣府 食品安全委員会「食品中のカフェイン」
https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

これらにはちょっとずつ書かれている
数字は異なるのですが、
大まかにまとめてみると・・

1日分の量:
「カフェイン200mg」(およそ2杯分)
これを守っていればOKです。

もちろん個人差はありますので
最終的にはお医者さんに相談を受けながら
コーヒーを飲むことが大事です。

ドクターコーヒーはダイエット用としても
人気ですが、

やはりコーヒーですから
普通のコーヒーと同じように考えていくのがいいです。

含まれるカフェイン量も
一般的なコーヒー製品よりも

大幅に多かったり
少なかったりするわけではありません。

ですからおよそ2杯分、
これを守って飲んでいくのがいいでしょう。

ドクターコーヒーのカフェインやその他の成分

ドクターコーヒーに含まれる成分について
解説していきます。

ドクターコーヒーに含まれるカフェイン量

ドクターコーヒーのカフェイン量が
公式に発表されているわけではないですが、
1杯に約50mg程度含まれているとされます。

この量が多いかどうか?というと
普通のコーヒーと大きく変わるわけではありません。

つまり通常のコーヒーと同じように
気を付けていればOKということ。

カフェインに関しては人・・
特に小さいお子さんには非常にデリケートですから
注意しておく必要があります。

妊娠中の方でしたらやはりお医者さんへの
相談が必要ですね。

ドクターコーヒーの他の成分について

ドクターコーヒーは何もカフェインだけでは
ありません。

もちろん妊娠中の方でしたら
一番気を付けておきたい成分は、
カフェインです。

ほかに注意しておきたい成分としては
どういったものがあるでしょうか?

特に「シクロデキストリン」。
すこし難しい成分名ですが、
これはオリゴ糖の一種。

つまりは糖分なの?と言えますが
普通の糖質とは少し違っていて、

シクロデキストリンは
デンプンから作られているのですが、
多くはトウモロコシなどが原料です。

むしろ糖質の吸収を抑える働きをしているので
ダイエット効果を期待して、
ドクターコーヒーに配合されています。

天然由来ですし
特に妊娠中の方と赤ちゃんにとって悪い、
と特筆されている成分でもありません。

ドクターコーヒー購入の価格情報について

ドクターコーヒーでは
通常価格よりも安い、
お試し商品が用意されています。

味などを実際に飲んで確認できるので、
いざ飲み始めて続けやすそうか?を
見ることができます。

詳しい情報は商品ページで確認してください。
↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました