ドクターコーヒーは授乳中に飲んでもOK?気になる母乳への影響について解説します

ドクターコーヒーのアイキャッチ画像 ドリンク

ドクターコーヒーはおよそ5袋分が
授乳中のカフェイン摂取上限(1日分)なので、
これを越えなければ飲んでも大丈夫です。

授乳中のカフェイン摂取量の目安は、
国際の機関によって「200~300mg」が提案されています。

コーヒー100mLにカフェインが平均60mg含まれているので、
500mLが上限ということになります。

ドクターコーヒーは1袋を100mLに溶かして飲みます。
つまり1日5袋が上限となり、
1~2袋程度ではまだ上限に遠いので大丈夫、と言えます。

とは言え個人差もありますから、
「どうしても不安だ・・」
もしくは「私、カフェイン弱いかも?」と思われる方は

お医者さんに前もって相談されることをおすすめします。

カロリーオフで人気・ドクターコーヒーはココです。
↓↓↓
Dr.COFFEE

授乳中にドクターコーヒーを飲んでも問題ありません

冒頭で説明した通り、授乳中であっても
ドクターコーヒー
1日1~2袋(100~200mL)程度であれば、

全然上限に達していませんし、
コーヒーを楽しく飲めます。

1日中、元気いっぱいな赤ちゃんの育児で大変なママさん。

ストレス溜めないように
好きな食べ物・好きな飲み物、楽しみたいですよね。

これから紹介する方法であれば
リスクを最小に抑えて、コーヒーを楽しめますよ!

ドクターコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのカフェインが気になる方は、
赤ちゃんへの授乳が終わった後に
ドクターコーヒーを飲まれるといいです。

授乳直前は特におすすめできません。

これは何故か?というと時間とともに体内のカフェインは
減少していきます。

平均5時間ほどで体内のカフェイン量は
半分になるとの研究結果があります。

できる限り、時間を置くことで
母乳へのカフェインの影響を軽減できるわけですね。

カフェインを含む食品とドクターコーヒーの相性

カフェインはコーヒー・紅茶に含まれる成分として
よく知られていますが、
実際はどんな食品にも広く含まれる成分なんです。

えっ、それって母乳に影響ないの?と思われることでしょう。

たしかに含んではいますが
かなり微量に含む、というパターンが多いです。

もし影響あるほど含んでいれば、
もっと病院やメディアでも周知されていますから・・。汗

それならば、普段飲む緑茶・紅茶
もしくはエナジードリンクのカフェインに注意したほうがいいです。

コーヒーを毎日飲まれるのでしたら、
緑茶を飲むのを極力減らして、麦茶にするとかですね。

カフェイン含んでいないんですよ、麦茶って。
(冬はちょっと冷たくて合わないかも?^^;)

ルイボスティーなんかもノンカフェイン飲料で
注目集めていますよ~。

ドクターコーヒーは授乳中に飲んでもOK?まとめ

ドクターコーヒーは
初めて注文の方なら、初回特別価格で
500円(税込)です。

2回目以降は2箱で6,960円。
ずっと1,500円OFFになっていますよ。

Amazon・楽天・などでは取り扱っておらず、
ドクターコーヒー公式での販売のみ。

飲み切った後でも
「初回分は180日間、全額返金保証」
という保証の充実さが好評となっています。

保証つき、ドクターコーヒー公式はココです。
↓↓↓
Dr.COFFEE

コメント

タイトルとURLをコピーしました