ドクターコーヒーは授乳中に飲んでもOK?気になる母乳への影響について解説します

ドクターコーヒーのアイキャッチ画像 ドリンク

ドクターコーヒーは1日2杯までなら
飲んでも問題ありません。

政府の機関の文献でもカフェインは、
授乳中の場合1日200mg(およそ2杯分)まで
と説明されています。

ただし人によって体質も違いますから、
こまめにかかりつけ医に見てもらいつつ
飲まれるのが一番いいですよ!

ドクターコーヒーのさらに詳しい情報はこちらです。

Dr.COFFEE

ドクターコーヒーは授乳中に飲んだらダメなの?

ドクターコーヒーは1日2杯までなら
赤ちゃんへの影響がないとされていますが、個人差があるので
かかりつけ医と相談しながら飲むのがベストです。

ドクターコーヒーは普通のコーヒーとは違って、
糖分を押さえる代わりに、ダイエット成分が含まれています。

有効ダイエット成分として紹介されているのは
以下の5種類。

  • シクロデキストリン
  • カルニチン
  • 有胞子乳酸菌
  • 短鎖脂肪酸
  • MCTオイル(中鎖脂肪酸)

シクロデキストリンはいわゆる、食物繊維の働きをするオリゴ糖の一種。
カルニチンはアミノ酸・・ということで
母乳に影響を与える心配のないもの。

しかし、やっぱりと言いますか・・・
ドクターコーヒーの問題は結局「カフェイン」でした。

カフェインは微量ながらも母乳に溶け込み、
赤ちゃんの体内に伝わることが研究で分かっているため、
大人同様に興奮や不眠になる可能性は否定できません。

政府機関の文献(※)でもこの悪影響は示唆されています。

(※)文献:内閣府 食品安全委員会「食品中のカフェイン」
https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

一方で、文献の下のほうに
「授乳中の女性・・
悪影響のない(乳児に健康リスクの生じない)最大摂取量 200mg/日」
とも、まとめられています。

マグカップ1杯分のコーヒーに
含まれるカフェインが平均100mgですから、
1日につきコーヒー2杯までなら安全という意味ですね。

しかしですよ・・(汗)
健康リスクが生じないとは言われても、
どれだけカフェインに耐性があるのか?は、
個人差も大きいものです。

ですから私が推奨したいのは
「かかりつけ医と相談しながら飲むこと!」です。

万が一「飲用はもうやめてください」と言われた場合でも、
ドクターコーヒーは購入回数縛りがなく、初回分の返金保証つきなのが
まぁ利点ではあるのかな・・?とも考えられます。

ドクターコーヒーのそもそもの副作用って?

授乳中や妊娠中に
ドクターコーヒーを飲んでも大丈夫なの?という点について
ここまで解説してきました。

しかし、そもそも通常時において副作用はあるのでしょうか?
答えとしては「副作用はありません」となります。

なぜかというとドクターコーヒーは医薬品ではなく、あくまでも
「ダイエットにも役立つコーヒー」
なので、ジャンル的にはやはり「コーヒー製品」なのです。

もちろんシクロデキストリン・カルニチンといった成分が含まれる、
特別なコーヒーではあります。

副作用こそ無いのですが、飲み方に関しては
注意しておきたい部分もあります。

たとえばドクターコーヒーには有胞子乳酸菌が含まれていますが、
飲みすぎると体質によってはお腹が緩くなりやすいです。
これは乳酸菌を含む一般的な乳製品でも見られます。

よく市販のガムでも
「お腹が緩くなる可能性があるので、食べすぎに注意してください」
といった注意書きを見ることがないでしょうか?

これは特別な甘味料によって一時的に
水分が胃腸にたまりやすくなるのが理由ですが、
こういった一般的な身近な食べ物でも、お腹が緩くなる場合はあるんですね。

体質にもよりますから、ちょっとお腹が緩いかも?と思ったら
一度控えるか、量を減らして様子を見てみてくださいね。

ドクターコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのカフェインが気になる方は、
赤ちゃんへの授乳が終わった後に
ドクターコーヒーを飲まれるといいです。

授乳直前は特におすすめできません。

これは何故か?というと時間とともに体内のカフェインは
減少していきます。

平均5時間ほどで体内のカフェイン量は
半分になるとの研究結果があります。

できる限り、時間を置くことで
母乳へのカフェインの影響を軽減できる
可能性があるわけですね。

カフェインを含む食品とドクターコーヒーの相性

カフェインはコーヒー・紅茶に含まれる成分として
よく知られていますが、
実際はどんな食品にも広く含まれる成分なんです。

えっ、それって母乳に影響ないの?と思いますよね。

たしかに含んではいますが
かなり微量に含む、というパターンが多いです。

もし影響あるほど含んでいれば、
もっと病院やメディアでも周知されていますから・・(汗)

それならば、普段飲まれる緑茶・紅茶の
カフェインに注意したほうがいいです。

コーヒーは絶対飲みたい!という場合は、
緑茶を飲むのを極力減らして、麦茶にするとかですね。

カフェイン含んでいないんですよ、麦茶って。
(冬はちょっと冷たくて合わないかも?^^;)

ルイボスティーなんかもノンカフェイン飲料で
注目されてますよ!

ドクターコーヒーは授乳中に飲んでもOK?まとめ

ドクターコーヒーは
初めて注文の方なら、初回特別価格で
500円(税込)です。

2回目以降は2箱で6,960円。
ずっと1,500円OFFになっていますよ。

Amazon・楽天・などでは取り扱っておらず、
ドクターコーヒー公式での販売のみ。

飲み切った後でも
「初回分は180日間、全額返金保証」
という保証の充実さが好評となっています。

最新の詳しい条件などは公式サイトで確かめてくださいね。

Dr.COFFEE

コメント

タイトルとURLをコピーしました