ドクターコーヒーのコンビニ支払いの流れは?この3ステップでスムーズに後払い可能

ドクターコーヒーのアイキャッチ画像 ドリンク

ドクターコーヒーのお届けの箱と一緒に請求書が入っています。
お届け明細書と請求書を切り離します。

請求書は「払込取扱票」と「振替払込請求書兼受領証」、
「払込受領書」からなります。
※この3つを切り離す必要はありません。

請求書発行日から数えて14日以内に
コンビニに持って行きます。
対応できるコンビニは以下の通りです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、
デイリーヤマザキ、ミニストップ、ポプラ、
コミュニティ・ストア、セイコーマート

カウンターの店員さんに出して
レジに表示された金額を払えばOKです。

ドクターコーヒーの詳しい
内容については公式サイトをご確認ください。
↓↓↓
Dr.COFFEE

コンビニ支払いの方法を詳しく解説!【NP後払いwiz】

ドクターコーヒーをコンビニ支払いする場合は
商品と一緒に梱包されている請求書を、
下半分切り離してコンビニに持って行けばOKです。

セブンイレブンやファミマなど
全区展開しているコンビニの多くで
コンビニ後払いできます。

ドクターコーヒーの会社が利用しているのは
「株式会社ネットプロテクションズ」という会社が展開する、
「NP後払いwiz」というシステムです。

郵便局やLINE Payなどいくつかの提出先があって
その中の一つに
今回説明している「コンビニ支払い」があります。

商品と一緒に配送された請求書を
そのまま代金と一緒に払えばいいだけなので、

非常に便利で
通販ではよく活用されている方法なんですよ。

コンビニ支払いに関するいくつかのポイント

ドクターコーヒーの
コンビニ支払いに関する覚えておきたいポイントを
解説していきます。

コンビニ支払いで留意しておくべきポイントとは

まずコンビニ支払いについては
後払いなので期限は当然あって、
これを過ぎないようにするのが大切。

期限は請求書に書かれている
「発行日から数えて14日以内」
となっているので、覚えておきましょうね!^^

これをうっかり過ぎてしまうと、
また支払い代行会社が
請求書を発行しなくてはいけないので、

その分だけ手数料が
プラスでかかってしまいます。

また、ドクターコーヒーの場合
もともとの後払いサービス手数料は
「0円」となっています。

ドクターコーヒーでは
以前は310円(税込)かかっていたのですが、

今記事を書いている現時点では
手数料0円となっています。

NP後払いwizの請求書の送付方法は、
「商品と一緒」「後から送付」
この2種類があります。

ドクターコーヒーはすべて
「商品と一緒」に請求書が入っているので、
この点はわかりやすいですね♪

後払いにはいくつか提出できる場所がありますが、
特にコンビニは24時間営業のお店が多いですから
この点は便利だと思います。

定期購入でも後払いできるの?

ドクターコーヒー定期購入コースは
そもそも後払いできるの?
という声が多く聞かれるのですが、

これは実際に広く使われている
後払いシステムを活用しているので
可能となっています。

そのため定期購入であっても
一緒に梱包されている請求書をその都度使えば、
毎回後払いが可能となっています。

24時間いつでも使えるコンビニの後払いが
特に人気となっていて、

忙しい社会人の方でも
仕事場の近くにあるコンビニや
夜遅くに行けるコンビニ。

非常に使いやすいとして
通販だけに限らず多くの方に利用されていますよ。

もちろんクレジットカードの利用が
便利で多い傾向にありますが、

あまり使わないとか
請求書払いのほうが好きとか、
そういった方には支持されている支払方法なのです^^

コンビニ支払い(後払い)OK、ドクターコーヒー購入料金

コンビニ支払いOKの、
Dr.Coffee(ドクターコーヒー)の価格についてです。

4,980円(税込)が単品の通常価格ですが
トライアルセットは初回に限って
「500円(税込)」となっています。

その後も割引価格で
お得になっており、人気です。

ドクターコーヒーの詳しい
内容については公式サイトをご確認ください。
↓↓↓
Dr.COFFEE

タイトルとURLをコピーしました