コーヒーダイエットは食前・食後どっちに飲む?続けやすい飲み方を解説!

コーヒーダイエットは食前・食後どっちに飲む? ダイエット

やり方は、とても簡単です。
空腹の時にコーヒーを飲むこと。
そして、食後にもコーヒーを飲むことです。

空腹の時にコーヒーを飲むと、
脂肪を分解しやすいと言います。

それから、空腹の時にコーヒーを飲むと、
食欲自体も抑えられるので、

食事の量も減り、結果的に
摂取カロリーを減らしていきやすくなります。

コーヒーがダイエットに向いている理由

コーヒーはダイエットに向いていると言われています。
なぜなら、コーヒーには
さまざまな効果が期待されているからです。

抗酸化作用などが
多くの人に期待されていることは有名ですが、
実は脂肪燃焼効果も期待されています。

そして、簡単に言うと太りづらい身体を
作ってくれるものでもあるので、

習慣的にコーヒーを飲むことは
身体づくりにもダイエットにもいいものです。

うまく生活の中に取り入れることで、
コーヒーダイエットを行うことができます。

先述したように、
空腹になった時にコーヒーを飲みます。
そして食後にもコーヒーを飲みましょう。

食欲を抑えて、脂肪も分解しやすくする。
ちょっとした変化かもしれませんが、
チリも積もれば大きな変化となるものです。

摂取カロリーが抑えられ、
さらに脂肪燃焼効果もあり、
老廃物なども流してくれます。

腸の動きも活発になるので、
溜まっていたものをしっかり流してくれます。

地道に続けていくことで
ダイエットに役立てられるでしょう。

普段の生活に、上手に
コーヒーを取り入れていくだけなので、
負担も少なくて続けやすいところもポイントです。

コーヒーダイエットならブラックで

コーヒーダイエットをするなら、
コーヒーはブラックで飲みましょう。

ミルクや、お砂糖、はちみつやシナモンなどの
香辛料などを入れてアレンジしたコーヒーも

とっても美味しいのですが、
それではダイエット向きではありません。

ブラックのコーヒーを飲んでこそ
効果が望めるというものですので、
余計なものを追加してしまうのは良くありません。

ただし、ブラックコーヒーには
ポリフェノール(クロロゲン酸)のほかに、
カフェインも多く含まれています。

カフェインには興奮作用があるというのは
周知の事実です。

人間には、交感神経と副交感神経がありますが、
交感神経が有利に働いている時は、
人間は興奮した状態になって目が冴えます。

そのため、こうした効果を利用して
仕事中や勉強中にコーヒーを飲むという人も
多いことでしょう。

ですが、ここには注意点があります。
カフェインにあまり強くないという人は、

あまりに飲み過ぎてしまうと心臓がバクバクとして、
嫌な気分となってしまうことがあります。

そのため空腹の時に飲んだり
飲み過ぎたりしてしまうのは要注意です。

また、コーヒーには中毒作用もあるので、
どちらにせよ飲み過ぎは注意です。

目安としては、1日に3杯ほどで
止めておくことが大切です。
節度を持った飲み方をしましょう。

コーヒーダイエットに筋トレはいい組み合わせ

コーヒーダイエットをする時に組み合わせると
さらに効果を期待できるのが筋トレです。

筋肉をつけると代謝もアップするので、
食べても消化しやすく太りにくい体質を
目指していくことができるでしょう。

なので、筋肉をつけていくことは
ダイエットにも良く、また体のラインがしっかりとして
スタイルもよく見えるようになるため、

美容やファッションにも
綺麗に着こなすことができるようになります。

また、老廃物などがしっかりと流されれば
体の中がクリーンな状態になると、
肌の調子なども整って来ます。

そう言った部分を考えていくと、
効果はダイエットだけでは治りません。

筋トレをするのにいい時間は
やはり、食事前です。

空腹時に筋トレをすることが
脂肪燃焼につながると言います。

なので、無駄な脂肪を一刻も早く
燃やしてしまいたいという方は、
空腹の状態の時に筋トレすることをおすすめします。

そして、その筋トレをする前にコーヒーを飲むことで
コーヒーダイエットの効果も出やすくなっていきます。

太りづらい身体をしっかりと作った上で、
食事管理や、栄養管理、筋トレや運動を
組み合わせていけば、

もし食べ過ぎてしまっても
ちゃんと身体は脂肪を燃やしてくれるので
太りにくくなるのです。

ぜひ今回解説したコツや注意点をふまえて、
コーヒーダイエットを
実践していってもらえればと思います。

このブログのこちらの記事でも
コーヒーダイエットに役立つ情報を載せています。
↓↓↓

ドクターコーヒーは授乳中に飲んでもOK?気になる母乳への影響について解説します
ドクターコーヒー(Dr.COFFEE)は1日2杯までなら飲んでも問題ありません。カフェインは、授乳中の場合1日200mg(およそ2杯分)までと説明されています。人によって体質も違いますから、かかりつけ医に見てもらいながら飲まれるのがベストでしょう。
タイトルとURLをコピーしました